人気ブログランキング |

2012年 03月 19日 ( 1 )

韓国ドラマ『きらきら光る』

現在KNTVで放送中の韓国ドラマ『きらきら光る』が佳境に入っています!
b0237753_154536.png

きらきら光る  반짝반짝 빛나는   MBC 2011年 全54話
出演:キム・ヒョンジュ(『インスンはきれいだ』『花より男子』)、イ・ユリ(『大胆な彼女』)、
    キム・ソックン(『千秋太后』) 他
    JYJユチョンの弟パク・ユファンも出演しています。
    (なんと主人公の叔父さん役!お父さんとは腹違いの兄弟ということでかなりの年齢差ですが
     物語では重要な役回りを担っています。)

簡単にストーリーをお話しすると、出版社を営む家のお嬢様ジョンウォン、大家族で苦労しながら育ち
書店で働くグムラン。実はこの二人は生まれた病院で取り違えられていたことがわかり、
人生が大きく変わっていきます。

”取り違え”をテーマにしたドラマは今までにもたくさんありますし、「ああ~、またか~」という印象も
持たれ気味ですが、このドラマはまた一味違う! 進化しています!

お嬢様育ちのジョンウォンですが、自分が本当はその家の子ではないとわかってからも
決して悲観したりすることなく現実を受け止め、どちらの家族にも思いやりを忘れません。

一方のグムランは、それまでの苦労をすべてジョンウォンのせいだと言わんばかりに
裏でジョンウォンにイジワルをし、陥れ、ジョンウォンを追い出すべく画策します。
次第に良心を失っていく様子に、必死さがいっぱい。
あまりにも必死すぎて痛々しさも感じますが、憎たらしさも強烈!
イ・ユリうまいです。『大胆な彼女』では、善良すぎるくらい善良な女性を演じていたので
見事な変貌ぶりです!

ジョンウォンは生母が失明することを知り、結局は住み慣れた家をでて、生母の住む家に向かうのですが、
なにせ大家族で父親は仕事もせず家族に苦労をかけるばかりという、今までとはまったく違う環境。

生母も、ここに住めば彼女が苦労するだけだとわざと冷たく突き放し、なかなか受け入れようとしません。
それに、いままで”娘”として育ててきたグムランへの思いもあります。

初めはお互いを受け入れるのに苦労するのですが、さすがジョンウォン!といった感じ。
彼女のまっすぐさ、芯の強さが次第に周囲にいい影響を与え始めます。
父親も心を入れ替えて働こうとしますし、すっかり家族を巻き込んでなじんでしまうんですよね。

ジョンウォンは育ての親が経営する出版社で働いています。
育ての父は、この会社はジョンウォンと二人で大きくしたのだからと、後継者を
ジョンウォンに決めるのですが、そこで生母や兄弟との確執が生まれてしまいます。
「なぜ他人に譲るのかと」 (この間までは和気あいあいと家族だったのに哀しい~!)

生母は、グムランの画策のせいもあり、すっかりジョンウォンに対する見る目を変え、
グムランばかりをかわいがります。
ジョンウォンをひいきする夫を許せません。

グムランも出版社働き始めるのですが、キム・ソックン演じる編集長スンジュンに恋をします。
生母は二人を結婚させようとするのですが、スンジュンはジョンウォンのことが好きで
両想いだった二人は結局結婚を決めるのです。



ostも発売中です

グムランにとっては、自分のもの、自分が欲しいものをすべてジョンウォンが奪ってしまうという
被害者意識でいっぱいになってしまったのでしょう。
すっかり良心を失い、とんでもない行動にでてしまうんですね。

ジョンウォンは、ただのお人形のような甘えん坊のお嬢様ではなく、本当に”きらきら”している自立した女性。
グムランにはそれがまぶしく、うらやましい、妬ましいのでしょうね。
今までの苦労があるだけに、”本当なら私がこうだったはず”という思いがあるのではないでしょうか。

でも、ジョンウォンの”きらきら”とした輝きは、決してブランドもので着飾っているお嬢様だからという
ことではないんですよね。
グムランに対して、彼女のために自分の間違った行動の責任をとるチャンスを与えます。
それをこっそり見ていた生母、グムランの裏の顔とジョンウォンへの誤解に気づきます。

しかし、スンジュンの母親という人はクセもので、グムランの息子への恋心を利用して
悪どい計画を立てているんです。

グムランがいつ、本来の善良な心を取り戻すのかがキーでしょうか。

CSチャンネルの衛星劇場での放送もきまったそうです。
じきにBSでも放送されるかな?
演技派の役者さんばかりですし、ストーリーも面白いので、54話と少し長めではありますが
飽きずに楽しめるドラマです。
by angerika9 | 2012-03-19 12:00 | 韓国ドラマ