人気ブログランキング |
<< やっぱりおいしい 自由が丘「天... 伊勢丹のイベントNIGHTにて@新宿 >>

カンホドン チキン678 と おしゃれ着洗い用洗剤のお話

お友達と久しぶりにお食事をしました。
場所は新大久保の「カンホドン チキン678」
b0237753_20581230.jpg

b0237753_20583617.jpg

二人だったので、あまり多くは食べられなかったのですが
やはり押さえておきたい”味付けチキン”の骨付きと、骨なしの”青唐辛子味”をハーフ&ハーフで。
b0237753_20593956.jpg

ポテトと揚げたトッポッキが少しだけ付いていました。
b0237753_2101179.jpg

青唐辛子チキンは、韓国のインスタント麺”ココ麺”を思い出す味。 辛いのですが後をひきます。
味付けチキンといい、クセになる味です。 夏に花火を見ながら食べたいな~。。。

チキンの付け合せには欠かせない、大根の甘酢漬けとキャベツサラダも。
ハニーマスタードソースもついてきます。 
b0237753_2123831.jpg


ビールのグラスがキンキンに冷えていて、とてもおいしかった!
チキンもやみつきになる味ですね。 テイクアウトでも買ってみたい。

HPから予約ができるので、それもラクチンですね。
入店時にはまだまだ空きがあったので、予約はなくてもいいのかな?と思ったのですが
あっという間に満席。
ただ、回転はよかったので、少人数なら当日でも大丈夫かも・・・。

さて、いつも愛用している洗剤「Spuma di Sciampagna」シリーズのお話です。
ANNのお洋服を愛用されている方からコメントで、自宅洗いについてご質問をいただいたので・・・。

写真は以前撮ったものなので、一部パッケージが変わっています。
(実は先週末ネットで注文したものが届いたのですが、写真を撮っていなくて・・・)
自宅でのおしゃれ着洗いはこの3つを愛用しています。
b0237753_21131614.jpg


基本的には一番右側の「ブッカート ランドリー リキッド」
ウールマークがついていて、シルクやウールがOkです。
シトロネラの香で、虫除けの効果があるとのこと。

色柄もので、シルクやウールなど動物性の繊維以外のものは、真ん中の
「ネロプーロ」を使います。
ANNの服では、レーヨン素材も多いのですが、レーヨンは必ずこちら。
基本レーヨンは水洗いすると縮みやすいので、注意が必要ですよね。
ですので、”私の場合”というお話になってしまいますが、
個人的にはこの洗剤でANNのレーヨンを洗って縮んだ経験はなし・・・というところで
自宅で洗い続けています。

左の「ビアンコプーロ」は、イタリア語で”純白”という意味。
酵素系で白いものをすっきりと洗いたいときにはこれを使います。殺菌効果もあるとのこと。
白いシャツ類はもっぱらこちら。
※今この「ビアンコプーロ」はパッケージが変わっていて、キャップが赤になっています。
 ラベルのフチにも赤が使われていて、白×赤のコンビ。

創業100年を超えるイタリアの洗剤メーカーのものなのですが、汚れ落ち、仕上がりの良さだけではなく
成分解性の良さや低刺激という品質の高い洗剤。

私はいつも「F.O.B. COOP」で買うのですが、一時ネットのページから消えていて
”いよいよ輸入が止まったのか!”とあせって AMAZONで買ったのですが (といっても
マーケットプレイスで売主はF.O.B. COOP。)
どうやら以前は輸入代理店が茅ヶ崎のほうの会社だったのですが
F.O.B. COOP自身が直輸入することになったとのこと。

この洗剤を使って、手洗い(基本押し洗い)でほとんど洗っています。
白いものは特に汗シミなどもできるので、少しつけ置きすることもあります。
以前テレビでカシミアのセーターを自宅洗いする際のコツをみたのですが、
その要領で、ネットに入れて数秒だけ洗濯機で脱水にかけます。 
それでもやっぱりシーズンオフには一度クリーニングに出しておくと、良いみたい。

こちらの洗剤シリーズは、F.O.B. COOPのオンラインショップでも販売が再開されたそうです。
(焦らなくてもよかったのね。。。)

ymtさん、参考になるとよいのですが。
by angerika9 | 2015-03-18 12:00 | Food 韓国料理
<< やっぱりおいしい 自由が丘「天... 伊勢丹のイベントNIGHTにて@新宿 >>