人気ブログランキング |
<< カナムのケーキとCompart... ANN DEMEULEMEES... >>

boutique W とアクセサリー

私のお気に入りのセレクトショップ”boutique W(ブティック・ダブリュー)は表参道にあります。
紀伊国屋の並びの小道を入って行くのですが、あまりお店らしいお店も見当たらず
間違ってる?と思いそうになる頃に、ポンとこのお店が目にはいる感じで(笑)

ビルの1Fにあるお店ですが、ドアを開けるとアンティークの什器などが並び、
独特の世界観に包まれます。

ANN DEMEULEMEESTERをはじめ、ひとひねりありながらも着心地よく使いやすい
ワードローブや小物がセレクトされています。
前にご紹介したロッケ・イラリアニストリも今季はこちらで購入しました。
b0237753_21185311.jpg


以前、取引先の出版社の女性編集者の方のお声掛けで、女子会にお邪魔したことがあります。
テーマが”ウィーン”でしたので、表参道のAOに入っているウィーン・レストラン”ラントマン”で
ライターの方や校正の方たちとウィーンのお料理やお菓子をいただきました。
カフェラントマンHP

麗しき”ウィーン”がテーマですので、ちょっとおめかしして伺ったのですが、
後からその時ご一緒したライターさんが私のファッションを気に入ってくださったそうで
どこで買ったのかお店が知りたいと・・・。(光栄です☆)

そこで迷わずご紹介したのが”boutique W"でした。
その時していたチョーカーがこれです。
b0237753_21213089.jpg

Jean Francois Mimilla(ジャン・フランソワ・ミミラ)というビンテージ・パーツを使って
アクセサリーを生み出す作家さんのものです。
見た目ほど重くはないんですよ。 
ランダムな感じがゴージャスだけどさりげなくちょういいボリュームで、ちょうどあの日は
アンのロングスカートをチューブトップのワンピースのように着て、その上にノースリーブのベストを
着ていたので、首回りがかなり開いていましたので、このチョーカーがすごくおさまりがよかったんです。

アクセサリーは1点1点手作りということもあり、それを納める箱にもこだわりがあって
こんな素敵な箱にいれてもらえます。
しかも、このチョーカーにはこの箱、と決められているそうです。
箱まで含めて作品なんですね。
b0237753_21274661.jpg


他にもこちらで購入したもので、おもしろいものがこれ。
b0237753_2129243.jpg

わかりますか?
b0237753_21301835.jpg

Lina Ma(リナ・マー)というフランス在住チャイニーズの作家さんのネックレス。
ハンガーもこれ専用でロゴのタグがついています。

サテン生地を筒状に縫ったリボンに、シフォンやビーズなどがつながっていて、
巻き方で表情が変わるんですね。
b0237753_2132337.jpg

b0237753_2133570.jpg

首にひと巻きでも、ふた巻きでもいいし、たすき掛けにしたりしても面白い。
シンプルなトップスの上にこれを巻くと面白いんですよ。

私はそんなにお洋服に流行は追わないのですが、信条としてはできる限り”ひととバッティングしない”
というものがあって(笑)
さすがに全品オーダーメードなどというラグジュアリーな生活は送れませんので
1点ものとか、入荷の少ないものに手が伸びる傾向があります。

これは痛い経験から着ているのですが、ずっと以前に国産大手メーカーさんの
ショップがお気に入りだった頃、ショップですごくかわいいスカートを見つけたんです。
人気で一度すぐに完売して、再入荷したものの、これがラスト1点と言われて
ラッキーとばかりに買ったのはいいのですが・・・。

なぜかそのスカートを入っている日に限って、街でバッティングするんですよ!!
1日に2回も同じスカートの人に会ったことがあって、あちらが気づく前にと
棚の影に隠れたことがあります(笑)
なんだかバツが悪くて・・・・。

そうは言っても、着心地がいい、使い回しがきく というのがいちばんのポイントですけれどね!
シンプルなものに、小物でいろいろ遊ぶのがいちばん楽しいかもしれません。


boutique Wはオンラインショップもありますので、一度HPを覗いてみてくださいね。
boutique W
by angerika9 | 2012-03-15 12:00
<< カナムのケーキとCompart... ANN DEMEULEMEES... >>