人気ブログランキング |
<< ソウルで買った冬小物① 冷凍ジョンノホットク >>

韓国ドラマ『復活』

先日『魔王』のお話をさせていただいたので、その『魔王』を生んだスタッフによる『復活』も
ぜひご紹介させてください~。 既にご覧になった方も多いかな。
先日『魔王』も『復活』も観ました~というコメントをくださったブロガーさんもいらっしゃいました。

復活 [ 부활 ] 
KBS 2005年 (全24話)
出演:オム・テウン、ハン・ジミン、コ・ジュウォン、ソ・イヒョン他



韓国では、”復活パニック”と呼ばれる社会現象を生み出したサスペンス・ドラマ。

刑事だった父と乗っていた車が何者かに襲われ、父を亡くし、自らも記憶を失ったた少年ガンヒョク。
やがて彼はハウンと名付けられ、偶然にも亡き父と同じ刑事となり、育ての親とその娘ウナと
幸せに暮らしていました。
やがてある事件をきっかけに、ハウンは母と双子の弟シンヒョクが生きていることを知ります。
しかしハウンは何者かに陥れられ、再会した弟シンヒョクはハウンと間違われて殺されてしまいます。

一体誰が何のために・・・。そしてかつて父を襲った者はいったい・・・。
ハウンことガンヒョクは、真実を暴くために、弟シンヒョクとして生きること選びます。
それは、愛するウナとの別れを意味するものでした。

ロケ地には、観光客におなじみの場所も多く、汝矣島公園(ヨイドこうえん)もよく出てきました。
ハウンとウナの思い出の灯台は、江原道(カンウォンド)の三陟市(サムチョクシ)というところに
あるそうです。

私はこのドラマを観るまで、オム・テウンという役者さんがこれほどまでに魅力的だとは知りませんでした。
『快傑春香(2005年)』では、恋敵役でちょっとイジワルだったので・・・ね。
その後の『善徳女王(2009年)』キム・ユシン役での活躍も、評判でしたね。

韓国のマドンナと呼ばれる、実のお姉さんオム・ジョンファも役者として活躍されていますね。
『結婚できない男』『12月の熱帯夜』などなど・・・
私のお気に入りドラマには彼女の作品もたくさんあります。  

以前受賞式の檀上で、オム・テウンが「父親のような姉に感謝します」とコメントしていたのが
すごく印象的でした。 

このドラマでは、オム・テウンはかっこいいことはもちろんなのですが、
愛する女性ウナに、自分が生きていることを言えないハウンが、ふと見せる表情がいいんですよね~。

シンヒョクは、兄を事故で死なせてしまったという自責の念を抱いて育ったので
すごくクールな人だったようで、、、そんな彼になりすまして生きるには、ハウンらしさは
封印しなければいけないわけで・・・。

ウナはウナで、ハウンが死んだとは信じられず、ましてやハウンそっくりのシンヒョク(そもそもハウン)が
そばにいれば、穏やかではないわけで・・・。

ハウンはまるで守護天使のように、ウナを見守っているんですよね。
恋敵も現れたりして、心中穏やかではありません。

謎解きのサスペンス路線もおもしろいですが、このあたりのじれったい恋愛路線も
このドラマの魅力。

OSTをお持ちの方いらっしゃるかな?
印象的なイントロのオープニング・テーマ曲「無罪」も好きなのですが、私はウナのテーマと呼べる
「もう一度(再び) 다시」歌:オ・ヒョンラン 오현란 この曲が大好きです~!!

「無罪」は男性的な魅力あふれる一曲なのに対して、こちらはウルウル女子目線!

私に”歌唱力”というものがあったなら、絶対カラオケで熱唱したかった1曲です。
残念ながら、その夢はとうに破れましたが・・・(涙)

バラード歌手として定評のあるオ・ヒョンラン。 
本当に何とも言えないくらい魅力的な歌声ですよね・・・。 微妙なビブラートとか、強弱のつけ方とか、
ぐんぐん歌に引き込まれます。

まさにハウンを忘れられないウナのせつなさが詰まった一曲。
OSTも廃盤なんですよね~。
you tube などで出てくるかしら・・・? 

ウナの気分200%で聴いてもよし、ドラマをまだご覧になっていなくても、
十分に歌の魅力に引き込まれてしまう切ない一曲です。
by angerika9 | 2011-11-29 12:00 | 韓国ドラマ
<< ソウルで買った冬小物① 冷凍ジョンノホットク >>