<< ソウルで韓牛 セジョン ハンウ... 韓国ドラマOST >>

松之助 11月お教室 クラシック・アップルパイ

昨日は、松之助の11月のお教室に行ってきました。
代官山のサロンにて、今月は”Classsic apple pie(クラシック・アップルパイ)”です。

b0237753_14532554.jpg


”松之助”といえば、”アップルパイ”というくらい、定番中の定番。
ですが、アップルパイのレシピは数知れず・・・。
年に2回ほどアップルパイを習いますが、ひとつとして同じレシピであったことがありません。
私よりも、もっとずっと長く通っている生徒さんでもそうなんですって。

松之助のお教室では、アメリカ ニューイングランド地方の伝統的な焼き菓子を習います。
アットホームなお教室でとても楽しいです。

やはり、パイやタルトが多いのですが、
パイ生地も、タルト生地もレシピによって微妙に材料の配合が違います。
今回は、ビネガーが少しだけはいっています。
生地は、いつもの感じよりも少しだけビスケットに近い口当たりとのこと。


そしてそして・・・毎回悩みの種なのが、パイのフチの処理です。
パイ皿より少し大きなパイ生地を、バイヤス状にくるくると巻いて
波を作るのですが、難しい! 先生のおめがねにかなう仕上がりになったことがないんです。
自分のぶきっちょさに(涙)です。

先生が見本で作ってくれた波波

b0237753_1458185.jpg


両手の親指と人差し指の使い方が毎回「ちゃう!」と言われてしまう。
アメリカにディプロマを取りに行こうと思っているのですが、アップルパイは
課題の一つなので、しっかり修行せねば!です。

松之助は、京都が本店です。 東京では代官山のヒルサイドテラスにあります
カフェですが、テイクアウトももちろんできます。
モーニング、ランチもありますし、パンケーキもおすすめです。

松之助 リンク

お店に行かれたことのない方も、ひょっとするとこちらのアップルパイをすでに口にされているかも
しれません。

最近ソウルにも進出した DEAN&DELUCA(ディーン&デルーカ)の都内のショップに
松之助がアップルパイとキャロットケーキを卸しているそうなんです。

私も実際ショーケースに並んでいるのを見たことがあります。
東京、もしくは京都でぜひ松之助のアメリカン・ベイキングをお試しいただけたらなと思います。


ディーン&デルーカ ソウル店の情報はソウルナビさんからどうぞ。
高速バスターミナル駅の新世界百貨店B1にあるそうです。
リンク


そうそう、われらが平野顕子先生が 雑誌『STORY』の9月号でインタビューを受けていらっしゃいました。
事前に聞いていなくて、たまたま雑誌を買って、見てビックリ!という。
ご覧になった方もいらっしゃるかしら・・・?

b0237753_15104758.jpg


お教室では毎回おやつをいただけるのですが、今回は9月に習った
"Lemon butter cake(レモン・バターケーキ)"でした。

b0237753_15161541.jpg


9月のお教室にて
b0237753_15173688.jpg


Bundt型で焼くケーキはぷっくりとした形がかわいくて大好きです。
もちろんお味もグーッ!
[PR]
by angerika9 | 2011-11-21 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://angerika.exblog.jp/tb/17000086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ソウルで韓牛 セジョン ハンウ... 韓国ドラマOST >>