タグ:韓国ドラマ ( 26 ) タグの人気記事

韓国ドラマ「イニョプの道(下女たち)」

久々に韓国ドラマのお話です。

韓国ドラマが日本で放送されるようになって以降、しばらくは三大テレビ局 KBS, SBS, MBCの
ドラマが主流でしたが、ここ近年はケーブルテレビでも面白いドラマが制作され
日本でも放送されています。
「密会」「パダムパダム」「花たちの戦い」などなど・・・

現在日本の”衛星劇場”で放送中のドラマ「イニョプの道(原題:下女たち(ハニョドゥル:하녀들)」も
2014年から15年にケーブルテレビJTBCで放送されました。
b0237753_2122059.jpg


主演はチョン・ユミ。 
「トンイ」では監察庁の女官で、トンイを助けるチョンイム役。「千日の約束」では
キム・レウォン演じるジヒョンの婚約者ヒャンギを演じていました。

ヤンバン(貴族)の身分から、陰謀によって下女(奴婢)に落とされてしまうイニョプ。
許嫁のウンギと、王子でありながら秘密結社に育てられ、身分を知らずに奴婢として生きるムミョン。
ウンギをキム・ドンウク、ムミョンをオ・ジホが演じていますが、この三角関係が物語のポイントでもあります。

久々にはまってます(笑)

チョン・ユミは初主演だと思うのですが、イニョプははまり役ですね。
世間知らずで鼻持ちならないお嬢様だった彼女が、下女になって初めて知る世界。
親友だと思っていたヤンバンの娘やその親からのいじめもあるのですが、
周りの奴婢たちとも打ち解け、常に凛として、くじけずに生きる姿が可憐です。 

許嫁でありながら、自分の父がイニョプの家を滅ぼしたことを知り、彼女を守ろうとしながらも
イニョプがムミョンと惹かれあっていくのに気づき、嫉妬のあまり、自分も悪に身を染めていくウンギ。
切ないポイントもたくさんあります。
(ウンギもいいけど、たくましいムミョンもね~と勝手に(笑))

衛星劇場ではこれからが佳境。
その後他のチャンネルでも放送されるのかな? ぜひチェックしてほしいドラマです。
[PR]
by angerika9 | 2015-09-02 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマOSTイベント「ドラマ オリジナル サウンズ コリア 2015」

もう6月ですね~。 早いな~。
すっかり夏のような気温ですが、湿気が少ない分からっとしていて気持ちがいい。
まだこれから梅雨の季節だというのに・・・。
ソウルの夏は、やはり気温は高くても湿気が少ないので東京より楽ですよ と 
知り合いのソウルっ子が言っていましたが、今年の夏はどうなることやら・・・。

さて、先週はいろいろイベントが続きました。
そのうちの一つは五反田で開催された「DRAMA ORIGINAL SOUNDS KOREA 2015」
日韓国交正常化50周年記念コンサートとのことで、駐日韓国文化院とKOCCAの主催によるイベント。
前日にお誘いいただいたので、何とか調整して駆けつけました~。
b0237753_15444260.jpg

MCはおなじみの古家正亨さんとYumiさんのお二人。
そのほかドラマOSTでおなじみの歌手の皆さんが6組。
個人的にはTEIさんと”復活”のvoとしてもおなじみのチョン・ドンハさんの生歌を聴けたのは興奮もの。
その他「茶母~チェオクの剣」の「丹心歌」のイ・ガウンさんなど、歌声を聴けば「あ~!」というみなさん
eSNa,Gavy NJ, KIHOOさんが。
b0237753_1554574.jpg

スペシャルゲストは「花より男子」や「主君の太陽」「検事プリンセス」などのOSTのプロデューサー
オ・ジュンサン氏でした。 このイベントのプロデュースもされたそうで、ドラマの名シーンを見ながら
生歌を聴くという豪華な演出でした。

やっぱり上手な方々の歌を聴くのは気持ちがいいですね
新旧ドラマの楽曲が揃えられていたので、久々に昔のドラマも観たくなりました。
[PR]
by angerika9 | 2015-06-01 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマ「主君の太陽」

連休はいかがでしたか?
お天気があいにくだったところもありますが、私は少しのんびりできてよかったです。
覗いてみたかった写真展に行ってみたり・・・。 セールに通ってみたり。
ちょこちょこ出かけていたら、「アナ雪」をオンデマンドで観ようと思っていたのですが、
すっかり観そびれました(笑)

さて、
DNTVで日本初放送中のこちらのドラマ。
もうすぐ最終回なのですが、毎回楽しみで楽しみで・・・・。終わってしまうのがさびしい。

ソ・ジソブ、コン・ヒョジン主演の「主君の太陽」 주군의 태양
2013年SBS



ロマンティック・ホラー・コメディ といったところでしょうか。

巨大ショッピングモール”キングダム”の社長で、クールで傲慢な男、ジュンウォン。
幽霊が見える特殊能力に悩まされ、息をひそめるように暮らしている女、ゴンシル。
ジュンウォンにに触れると幽霊が見えなくなることに気付いたゴンシルは、”幽霊シェルター”
ジュンウォンに付きまとい始めます。

初恋の女性が、自分の誘拐事件にかかわっていたことで、心に深い傷を負っているジュンウォンですが、
素直で懸命なゴンシルと関わるうちに、心を開いていくんですね。

”主君”ことジュンウォンと”太陽”ことゴンシル。 不器用な二人のロマンスがなかなかいい感じで。
この配役がすごく気に入っています。

スーパースターK出身の歌手ソ・イングクも、ゴンシルを好きになるカンウ役で出ていますし、
毎回のエピソードに特別出演する俳優陣もなかなかの顔触れ。

エンディングでかかる切ない系の曲もいい感じです。
久々にはまったドラマの一つです。

ゴンシルが、必ず大き目のシルバーのリングをしているんですが(ストーリーには関係なく)
時々、アン・ドゥムルメステールのクロウリングをはめているのにお気づきでしたか?
クロウ(カラス)の手の形のリングなのですが、結構目立ってます~。

ゴンシル役のコン・ヒョジンも韓国ではファッショニスタとして有名ですしね。
嬉しくなりました。
[PR]
by angerika9 | 2014-07-22 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマ「剣と花」

韓国ドラマ「剣と花 칼과 꽃」 日本初放送がKNTVで終了しました。
(次はどこでやるのかしら?)




「赤道の男」のスタッフが再結集した時代劇。 2013年7月~9月に韓国で放送。
主演はもちろんオム・テウン。

高句麗の栄留(ヨンリュ)王の娘ムヨンと、その王に反旗を翻した将軍・淵蓋蘇文の庶子ヨンチュンの
愛と運命の物語。韓国版”ロミオとジュリエット”だそう。
復讐と愛情の間で葛藤する二人を、オム・テウンとキム・オクビンが演じています。
淵蓋蘇文にはチェ・ミンス。 淵蓋蘇文の適子でヨンチュンの義母弟ナムセンにはイ・ミヌ。

チェ・ミンスの寡黙なヨンゲソムンの存在感は、観ているほうも緊張感を覚えるのですが
さらにイ・ミヌのナムセンが不気味に恐ろしくて、キレイなお顔立ちゆえにさらに際立っているのでしょうね。

このドラマ 韓国ではかなり視聴率が悪く、主演二人のラブストーリーも共感できずと
酷評されていたのですが、個人的は”そんなにひどくないと思うのだけど”というのが正直なところ。
最終回では私も泣きながらみたのですが、なんでそんなに評判が悪かったのかしら????と。

確かに、韓国では評判が悪くても日本ではかなり人気の高いドラマはたくさんあるので
前評判はアテにならないことも多く、やっぱり実際に観てみないとわからないですね。

DVDの発売は決定しているようなので、レンタルも同じころに開始かしら?
今回、KNTVの放送を観られなかった方も、ぜひ一度観てみてくださいね~。
[PR]
by angerika9 | 2014-03-19 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(2)

韓国ドラマ『清潭洞アリス』

この週末、KNTVでの日本初放送が終わりました~。
ムン・グニョンちゃん、パク・シフ主演の韓国ドラマ 『清潭洞アリス 청담동 앨리스 』




韓国では2012年から13年頭にかけて放送され大人気を博したラブ・コメディですが、
例のパク・シフの事件があったせいでしょうか、日本での放送開始に時間がかかりましたね。

それはそれで置いておいて、あくまでもドラマを観ていましたが、おもしろくてやっぱりはまりました。
単純に財閥御曹司とフツーの女の子の夢物語のような恋愛模様とは違って、
現実的に考えさせられる部分が結構あって・・・また、パク・シフのキャラづくりも面白かった。
韓国では「パク・シフが壊れた」とまで言われたとか。

5・6月あたりに日本でもDVDが発売されるようなので、レンタルも始まるのかな?
きっとその前にどこかのチャンネルで放送があるかと・・・・。

清潭洞はまさに、セレブの街、憧れの地なんですね。
ドラマ内でもアックジョンロデオ駅周辺が結構でてきます。 急にギャラリアに行きたくなりました(笑)

ムン・グニョンちゃん演じるセギョンのセリフで”キャンディ”がよく出てきます。
日本漫画界不朽の名作「キャンディ・キャンディ」のキャンディですよね。
韓国でも人気のようですね。 「がんばれ!クムスン」のクムスンもそういえば
キャンディに例えられていました。 懐かしいな~。

そして、”アリス”はあの”不思議の国のアリス”。
ここのところ寒かったので、ホットチョコレートを作ってドラマを観ていました。
b0237753_16254754.jpg


たまたま家にあった、”アリス”柄のマシュマロを乗せてみました。

今週もまた雪かも?といういやな予報もでています。
春が待ち遠しいですね~。
[PR]
by angerika9 | 2014-02-17 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)

anan「ソウル特集」とドラマ「九家の書」

韓国大好きブロガーさんたちをはじめ、多くのかたがgetされたご様子・・・
b0237753_1143688.jpg

待ってました!ananのソウル特集号「食いしんぼう82人のクチコミ☆ソウル」

”くいしんぼう”とつくだけあって、食どころ情報が満載! うれしい~。
去年行った済州島の豚がおいしいお店”サムダヨン”も載っていました。
厚切りオギョプサル(5段バラ肉)の焼肉は絶品!
b0237753_11463062.jpg

去年の様子はこちらから↓
2012年5月サムダヨン

ソウルの知人達と出かけたのですが、現地の人でも焼き方を戸惑うほど、お肉がとにかく分厚い!
でもすっごくおいしくてびっくりです。

先日奈佳先生のお教室でも、豚の脂は体温で溶けるので食べても体外に排出される
と伺いました。
もともとは肉の脂身が苦手な私も、韓国式の豚の焼肉は焼いているうちに余分な脂も抜けますし、
カリカリに焼けた豚の脂身がおいしくて、気にならずに食べてしまうほど。

オギョプサル、また食べたくなってきました。

表紙はイ・スンギくん。
彼が主演のドラマ「九家の書(구가의 서)」は韓国でも今年放送されたばかりのドラマですが
いよいよKNTVでの日本放送がはじまりました。



放送一回目ですでにどっぷりはまってしましました。。。
スンギくん演じるガンチの両親のせつないロマンス素敵でした。。。
悲恋に終わった・・・に見える二人。後半のキーパーソン達でもありますね。

韓国でもとても盛り上がっていたので、我慢できずにオンタイムでチェックしてしまったので
結末を知っているのですが、それでも毎回目が離せないほど素敵なドラマ。

ヒロインのスジちゃんもすごくいい!女剣士の役どころ。神獣の血を引くガンチを決して見捨てない。
スンギくんはガンチにぴったりですね。 ベストキャスティングだと思います。
う~ん、OSTを買おうかどうか思案中(といいながら、きっと買ってしまう(笑))
[PR]
by angerika9 | 2013-10-07 12:00 | 韓国 情報 | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマ「福寿草」② & シャネル7月の新色①

KNTVで放送中で、今一番ハマっているドラマ「福寿草」が終わりました~。

この1か月くらいは、ユラの悪事が明るみに出始めてヨナの反撃も佳境に入っていたので
気が気ではなく。
昨日の最終回も、個人的にはいい終わり方で満足しています。
ヨナを支え続けたガンウクがかわいそうではありましたが・・・・。
DVDも発売されていますね。

そして先日ちらりとお話ししたシャネルの7月の新色。
サンプルを見せていただいたのですが、
ヴォリュームUPのマスカラ ル ヴォリューム ドゥ シャネル 3色
4色入りシャドウ レ キャトルオンブル 2種類
アイライン スティロユー 2色
マスカラコーム
が発売されるそう。 画像がなくてわかりずらいですね。ごめんなさい。

マスカラはブラシに特徴があって、とてもボリューミーに仕上がるそうです。
特にプラム色がきれいでした。

オンブルは #42 Seduction プラム&ブラウン系と#41Fascination ブルー&グレイ系で
#42のプラム&ブラウン系は限定とのこと。
一瞬「持っているものに似ているかな」と思ったのですが、やっぱりそうではない感じの色合い。
同時発売のマスカラのプラムを合わせるととてもきれいに仕上がりそう。

#41のブルー&グレイ系も何とも言えないきれいな4色でした。

アイラインも限定。黒に近いメタルグレーなど、シャネルのバッグを思わせる色合いでした。

ストゥディオでは本日から、一般店は来月5日から発売のようです。
画像は後日に。 

※追記
もうひとつ発売があるのを忘れていました。
以前限定色で出ていた ポット入りのアイシャドウ イリュージョンドンブル 1色が
定番となって発売されます。
ラインに使うととてもきれいな濃いグレイッシュブルーです。
[PR]
by angerika9 | 2013-06-28 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマ『福寿草』

今最もはまっているドラマです。KNTVで放送中の『福寿草(黄色い福寿草)』
b0237753_16181541.jpg

韓国のケーブルテレビtvNで 2012年の2月から8月で放送された全108話のドラマ。
『大胆な彼女』『きらきら光る』のイ・ユリ主演の愛と復讐のドラマですね。

韓国ドラマといえば!という要素がもうこれでもかというくらい満載です~。
韓国では好評を得たのでドラマの話数も増えたそうです。
イ・ユリが、濡れ衣を着せられすべてを失ってしまった女性を熱演しています。

苦労しながらも母と妹とつつましく生きてきた純真な女性ヨナ(イ・ユリ)が
母の再婚によって姉妹となったユラ(ユン・アジュン)とその父によって濡れ衣を着せられ、
刑務所に収監されすべてを失ってしまいます。

さらには恋人ユンジェも、獄中で生んだ彼との息子テヤンまでもユラによって奪われたヨナは
出所後、自身の潔白を証明するため、復讐のために立ち上がります。

自分の罪を隠そうと次から次へと嘘と罪を重ねて行ってしまうユラ。
判事である父や警察官を巻き込み、自分の罪がばれることにおびえながらも
愚かな嘘を重ね、自分自身の首を絞めていきます。
憧れの人だったユンジェがヨナと恋人同士だったことで、嫉妬に身を狂わせたんですね。

ユンジェの義理の兄ガンウクが、こっそりとヨナを手助けしていたり
ガンウクの母でユンジェの義理の母にも秘密があったりなどなど
狭い中でいろいろ起こるんですよね(笑)

ちょうどKNTVでの放送も半分くらいまでに達しているので
ヨナの反撃が始まって、佳境へと向かっています。

勧善懲悪の世界観だとは分かっていても、ハラハラドキドキしながら見てしまうのが
韓国ドラマの醍醐味。
そのうちにBS放送やDVD化もされるかな?
お勧めのドラマです。


福寿草(黄色い福寿草)  노란 복수초
出演:イ・ユリ(ソル・ヨナ役)
    ユン・アジョン(チェ・ユラ役)
    ヒョン・ウソン(ハ・ユンジェ役)
    チョン・チャン(チェ・ガンウク役)
    
    
 
[PR]
by angerika9 | 2013-04-15 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(2)

韓国ドラマ『紳士の品格』OST&ドラマ②

もう完全にはまっています。
チャン・ドンゴン、キム・ハヌル主演の韓国ドラマ『紳士の品格』
mnetで絶賛放送中。
過去記事

やっぱり買ってしまいました。 OST Part.Ⅰ


収録曲はこんな感じです。

1. 胸がつぶれたように - イヒョン(8eight)
2. High High - キム・テウ
3. 愛...どうしよう - たまねぎ
4. 美しい言葉 - チョン・グンファ(Mシグナル)
5. Everyday - パク・ウノ
6. 君を見るとね - ギョヌ(Mシグナル)
7. You Are Everywhere - Big Baby Driver
8. Spring I Love You Best - Big Baby Driver
9. High High(Bossa Nova Story)
10. 胸がつぶれたように(Piano Ver)
11. 愛...どうしよう(Inst.)
12. O.S.Love
13. You Are Everywhere(Guitar Story)
14. Everyday(Comic Story)
15. Smile(Feat.Jay Kim)

Tr.2のキム・テウの歌う「High High」は軽快でワクワクする感じの曲。
よく劇中でかかっているので ♪ハイハイ~ となんだか歌ってしまう(笑)

そして、Tr.1の 8eightのイヒョンが歌う「胸がつぶれたように」
こちらも劇中 いい~ところでよくかかっていますね。
私の一番のお気に入り。
これはドジンとイスのラブテーマかしら?
切なくていいバラードですよね。。。

8eight はドラマOSTではおなじみのアーティストですね。
最近では『千日の約束』の「ひとりの人」もよかった~。
この2曲が聴きたくて買ってしまった気がします。

ドラマも佳境に入っていますね。
4人の初恋の相手キム・ウニの息子コリン(CN BLUE イ・ジョンヒョン)が
ドジンの子だったとわかり、イスとの関係に影を落としてしまう・・・。
でも、ここで王道の”昔の恋人が現れ、よりを戻して云々・・・”っていう愛憎劇にならないところが
この作家さんのすばらしいところ!

演出も、撮って→ハイ、編集→ギリギリ放送 という王道パターンではなく
凝った加工がされていて、そういうところもいいですね。

(イスが母の義理の息子たちからカフェで脅されている場面。
イスが化粧室で泣いている間にドジンら4人が”イスを愛するお兄さんたち”と称して
彼らが二度とイスに近づかないよう警告を与えますね。
イスが席に戻ると息子たちは逃げるように去っていく。
カフェの店員が一部始終を撮っていたビデオを見ているシーンでは、
回想シーンの演出が凝ってましたね~。)

これからの二人の関係が観どころの一つですね。

この2回くらいで、ジョンロクの妻ミンスクがすごくカッコよかった!
夫より年上で愛想がないお金持ち というキャラクターで描かれていますが
姉御肌でイスやセラのピンチをさっそうと救ったりして・・・。

もうひとつこのドラマのすばらしいところは、ドジン、イス以外のキャラクター それぞれが
きちんとたっていて、それぞれのストーリーがしっかりあるところ!

すごく見応えのあるドラマですね。
そして、私初めてチャン・ドンゴンがとても魅力的に見えました。
美男だとは思っていましたが、得意なタイプではなかったんです。。。(ごめんなさい)
でも、今回すごく素敵! はまり役なんですよね。

最終回まで、OSTを片手に完走したいと思います。
[PR]
by angerika9 | 2012-12-06 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)

韓国ドラマ『紳士の品格』

紳士の品格 [신사의 품격] 
SBS 2012.5~8月 (全20話)
b0237753_21235697.jpg


出演
チャン·ドンゴン (キム·ドジン役 建築家)
キム·ハヌル(ソ・イス役 高校の倫理の教師)
キム·スロ(イム・テサン役 建築家)
キム·ミンジョン(チェ·ユン役 弁護士)
イ·ジョンヒョク(イイジョンロク役 カフェのオーナー)
ユン・セア(ホン・セラ プロゴルファー)
ユン・ジニ(イム・メアリ テサンの妹でイスの元生徒)


mnetで放送が始まっています! 『紳士の品格』
第四話まで放送されました。 正直言って、「面白すぎる~!」

脚本はキム・ウンスク。 そう、”恋人”シリーズや『シティホール』『シークレット・ガーデン』の脚本家さんです。
そう聞けば、面白いに決まっている!

そしてまたこの俳優陣!
主演はアラフォー4人の男性陣。 学生時代からの同級生です。
性格は全くばらばらですが、気の合う親友達。 
『Sex and the city』を彷彿とさせますね。
それぞれに女性陣が絡んでくるのですが、メインはやはりドジンとイスの二人。

外見はばっちりなのに、性格に難のある独身主義の建築家キム・ドジンが
高校の倫理の教師ソ・イスと偶然出会い恋に落ちます。 ドジンの一目ぼれですね。
しかしイスはドジンの友人テサンに長い間秘かに片思いをしていて、
ドジンはそれを知り、イスをからかったりイジワルしたりして彼女を振り回します。

テサンはイスと共に建築事務所を経営しています。
そしてイスのルームメイトでプロゴルファーのセラと恋愛中。
 
テサンの歳の離れた妹メアリは、テサンの友人ユンに猛アタックしているのですが、
テサンはいくら親友とはいえ妻と死別し15歳も年の違うユンに妹を託すわけにいかず・・・。
ユンもメアリに魅かれながらも、テサンの気持ちを理解して、メアリを女性として見ないように
努めているのですが・・・。

そしてもう一人、ジョンロクは妻帯者ですがかなりのお調子者で、いつも女性の影がちらほら・・・。
妻はいつも夫の浮気に気をもんでいます。

まだまだドラマは序盤ですが、既にそれぞれのカップルのこれかがらとても楽しみな
ストーリー展開。

韓国でも高視聴率をとった話題作なので、最後まで目が離せないですね。
41歳という大人の男性4人の友情と恋愛模様。 なかなか斬新なテーマですよね。
チャン・ドンゴンもドラマは久しぶりですし、このメイン4人の組み合わせがすごくいい!
それぞれのキャラクターがたっています。

チャン・ドンゴンって、こういったコメディタッチの役柄もこなせるんですね~。
また相手役のキム・ハヌルもばっちりですね。
酔っ払ってふらふらと街を歩いたり、ドジンに振り回されたりしている姿がホントに上手いな~と。
やはり演技派ですね。 ドジンとイス、ベストカップルです!

ジョンロクを演じるイ・ジョンヒョク、いつも眉間にしわの寄った固~いイメージの役が多かったですよね。
古くは『グリーンローズ』そして『チュノ』でも適役・・・。
そんな彼のお調子者ぶり、びっくりしました。

キム・ミンジョンは『アテナ』での印象が新しいところですが、古くは『秘密』で
キム・ハヌルと共演していますね。
あのドラマのドロドロ具合とものすごい展開具合が、当時韓国ドラマにハマって間もなかった私が
さらにはまるきっかけを作った気がします。

そしてキム・スロって、バラエティーの印象しかなかったのですが、『ドラゴン桜』といい
今回も女性二人から想いを寄せられるかっこいい役柄にハマっていますね。

すでにかなり引き込まれているこのドラマ、更なる展開が楽しみです~!
[PR]
by angerika9 | 2012-10-24 12:00 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)