タグ:松之助 ( 78 ) タグの人気記事

松之助N.Y.@代官山 ベイキングレッスン 6月② Rosemary cheese cake ローズマリーチーズケーキ

なんだかあっという間に一週間が過ぎてしまいました。
行きつけのお洋服屋さんからも、秋物の入荷連絡がちらほらと入り始め・・・。
来月はセールですものね~。 一年が早い。

さて、松之助N.Y 代官山のベイキングクラス 6月のメニューは
フレッシュローズマリーをつかったチーズケーキ。

見本をみるまで、ローズマリーをどんな風に使うのかしら???と思っていましたが
なんと生地に刻んで入れ込むレシピ。
b0237753_16392516.jpg
めずらしくベイクドタイプのチーズケーキ。
色が濃くみえるのは、ブラウンシュガーを使っているため。
(そしてさらに時間も経っているのでより濃くなっているそうです)

土台に使ったグラハムクラッカーとチーズのお味のバランスが最高。
b0237753_16425887.jpg
気泡がでています。少ない方だそうですが。
混ぜるときに空気を入れすぎるとどんどん気泡がでてきてしまうとのこと。

b0237753_16460872.jpg
しっかり冷やしてからカット。

b0237753_16463262.jpg
フレッシュローズマリーを入れることで、エグミのようなものは出ないのかしら?と思いましたが、
ブラウンシュガーを使うことで風味のバランスも取れているのだそうです。

先生の帰国がのびていますが。ビザの手続きもうまく進んでいるとのことで、
9月・10月あたりにはお会いできるようなお話。

待ち遠しいです。

[PR]
by angerika9 | 2017-06-12 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y.@代官山 ベイキングレッスン 6月①

松之助N.Y.@代官山のベイキングレッスンに行きました。
清々しくも豪華なピオニー(芍薬)がお出迎えしてくれました。


b0237753_17485616.jpg
6月のメニューはRosemarry cheese cake ローズマリーチーズケーキ

いったいどんなチーズケーキなのかしら?と思っていましたが、
サンプルをみて納得。
生地みもフレッシュローズマリーが入っています。

b0237753_17501882.jpg
色が濃くなっているのはブラウンシュガーを使っているから。
(時間も立っているので、どんどん濃くなっているとのことでした)

チーズケーキにブラウンシュガーも珍しいし、いつものバスタブ式ではなく
ベイクドタイプもこのお教室では珍しい。

詳しいお話はまた次回に。




[PR]
by angerika9 | 2017-06-05 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y.@代官山 ベイキングクラス 3・4月 Banana cream pie

松之助N.Y.のベイキングクラスに行ってまいりました。
本来なら平野先生が帰国されてのレッスンの予定でしたが、ビザの関係で急遽帰国できなくなって
しまわれたとのこと。

それでも先生のレシピですからね。
三並さんのレッスンは、平野先生とはまた違った魅力があって、
「なるほど!」というワザを教えていただけるのも楽しい。
b0237753_19272696.jpg
店頭でもおなじみのバナナクリームパイ


b0237753_19290933.jpg
先生のレシピ本にも載っています。
今回は、松之助流でグラハムクラッカーを生地に埋め込むやり方を教えていただきました。

チーズケーキのトッピングなど、グラハムクラッカーも松之助には欠かせないアイテム。

Filling作りは簡単なようでいて難しかったです。
気を抜くと焦げ付きますし、かといって火が弱すぎると、後々固まり方があまくなるとのこと。


b0237753_19323503.jpg
どうしても傾くので、持ち帰りを考えてフィリングは少し少な目にいれました。
家に着くころには、やはり傾いていた(涙)

一昼夜冷蔵庫で固めてから、いただくときに生クリームとバナナでトッピング&デコレート。
松之助流では、ココアパウダーを振り掛けます。

フィリングは、パイ生地なしで生クリームとフルーツでグラスデザートにするのもお勧めとのこと。
私は翌日パンにつけてクリームパンにしました。

カスタードは冷凍には向かないので、長期保存は難しいパイですが、忘れたころに食べたくなる。

この日のおやつはポピーシードケーキ。


b0237753_19355223.jpg
毎回出していただくおやつも楽しみの一つ。

次回の先生の帰国の予定も伺いましたが、どんなメニューになるのかしら?











[PR]
by angerika9 | 2017-04-05 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y.@代官山 ベイキングクラス 1月 キッシュとふわふわパンケーキ

平野先生が帰国されて今年初めてのレッスンに行ってきました。
メニューは以前からお知らせいただいていた「Quiche キッシュ」と
「Blueberry pancakeブルーベリーパンケーキ」

お教室でキッシュを作るのは、2008年以来久しぶりのこと。
先生のレシピ本にいくつかレシピがありますが、今回はパイ生地ではなく
タルトのような生地なので、また一つ新しいレシピですね。

9インチの材料を、2つにわけて18cmを2台作ります。
b0237753_17384161.jpg
チーズはチェダー、モッツァレラ、グリュイエールなどがいいようですが、
個人的にはチェダーは欠かせない気がします。
先生のレシピ本では、チェダーとグリュイエールの組み合わせが多かったですが、
2種類以上使ったほうが確かにおいしいと思います。

塩味加減が結構難しい。 あくまでも好み。
ただ、味見と焼きあがった時と印象がかなり違うので、わりとたっぷり目にいれていい気がします。
お教室では2人一組のため、ペアになった方の意見もありますから、なかなか難しいところですが。

焼き立て。艶やかでまだふくらみがありますね。
b0237753_17424557.jpg
こちらは冷めて落ち着いた状態。
b0237753_17430915.jpg
b0237753_17442724.jpg
先生のキッシュは本当に美味しくて大好き。
ひとに差し上げても好評なんですよね。 私は先生の「パイとタルト、ケーキの本」に出ている
レシピが好きで、オニオンをかなりしっかり炒めます。

もうひとつのメニューは「Blueberry pancake ブルーベリーパンケーキ」
こちらは焼いてお教室でいただきました。
シャロル先生がB&Bを経営されていたころに、朝食としてだしていたメニューとのこと。
今回改めて、鉄のフライパンを買おうと思いました。

b0237753_17482169.jpg
20cmのフライパンで2枚を焼きました。

b0237753_17500399.jpg

1枚目と2枚目とでは生地の感じが変わるので、1枚目を半分ずつ試食しながら
2枚目を焼くという・・・。

「ブルーベリーは投げ入れよ」という意味は後でよく理解しました。
b0237753_17504531.jpg
ひっくり返すのが難しい。
真ん中に返さないとと思いすぎると、手前に落ちるという。


b0237753_17514085.jpg
確かにふわっふわでビックリです。
焼いている時には押さえつけたりなど手を加えることはせず、弱火で焼く。

1枚目の食感と2枚目の食感は確かに違っていて、2枚目は弾力がある生地になっていました。
ベイキングパウダーと水分が合わさってから、どうしても焼くまでに時間をおくので
デベロップの差がこういう感じででるんですね。

かといって、2枚目がおいしくない ということではなく、おいしいと思う方は個人個人でばらけていたのも
興味深いです。

シャロル先生方式で、大きいフライパンで7cmサイズを一度にたくさん焼くというやり方もありとのことでした。

パンケーキはさっそく家でもやってみたいです。

うまく行くと、平野先生が春にまた帰国されるとのことで、次回のメニューも気になります。






[PR]
by angerika9 | 2017-02-06 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y.@代官山 12月のお教室 クリスマス・スペシャルメニュー

b0237753_14272126.jpg
先週、松之助N.Y.@代官山 ベイキングサロンのお教室に行ってきました。
この時期は毎年恒例の「クリスマス・スペシャルメニュー」
今年は平野先生&三並講師共著の最新レシピ本にも載っている”Christmas tree cookies"

星形のクッキーをサイズ違いで焼きます。
b0237753_14295965.jpg
アイシングを使ってツリー型に。
b0237753_14310588.jpg
b0237753_14312691.jpg


ツリーに組み立てたものは長らく放置するので観賞用。
さすがに頭からかじりつくわけにはいかず(笑)
残った2番生地は持って帰り、ジャムサンドクッキーに仕上げました。
b0237753_14320464.jpg
松之助のお店でも出しているジャムサンドクッキー。菊型で抜いて真ん中をハートでくりぬいているのだそう。
こちらはビスケット型で。 ジンジャーマンクッキーを迷いましたが、ジャムサンドクッキーが食べたくて!
お店と同じように、クランベリージャムを使いました。

クッキー型はいくつあっても欲しくなりますね。
b0237753_14340741.jpg
デモンストレーションのみでしたが、もう一種類 Nuts fluffy cookies を教わりました。
くるみやピーカン、アーモンドが生地に入ったクッキー。トッピングのピーカンナッツがかわいらしい。

b0237753_14362695.jpg
焼くと結構大きくなります。

b0237753_14365176.jpg

お味もとても美味しくて、キット状になっていた材料をさっそく購入。
b0237753_14373488.jpg
最後の仕上げは自宅にて。
b0237753_14382414.jpg

ツリーとの相性もバッチリです。


b0237753_14405536.jpg




[PR]
by angerika9 | 2016-12-12 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y.@代官山 10月のレッスン Caramel salted apple pie

松之助の10月のベイキングクラスへ行ってきました。
平野先生が帰国されて、じきじきのレッスンです。 紅玉の出回る季節といえばやはりアップルパイ!

10月のメニューはCaramel salted apple pie キャラメル ソルティッド アップルパイ です。
キャラメルソースたっぷりと。
b0237753_2133356.jpg

今回の生地は、いつもと違って卵が入ります。 
そしてやっぱり波波の練習。 指の位置や手の角度など微妙な違いで仕上がりが変わる。
b0237753_21353162.jpg

焼き上がりにふちが寝てしまわないように、ほんとに微妙な角度なんですよね。。。
b0237753_21362288.jpg


パイのお店もどんどん増えて、ふちの仕上げにどうしても目が行くのですが、
松之助のパイのふちの美しさはレベルが高いです。
いろいろ見ると結構寝ていたり、波が均等でなかったりしてますものね。

この日のおやつはチェリーパイでした。
b0237753_21373278.jpg


11月のレッスンはお休み。次回はもう12月 クリスマスメニューです。
一年が過ぎるのはなんて早いんでしょう。

平野先生は1月にまた帰国されるとのことで、この1月のレッスンのメニューがもう楽しみで楽しみで!
スペシャルレッスンですね。

先生のパワフルさにはいつも驚かされます。
[PR]
by angerika9 | 2016-10-27 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y. 9月のレッスン Rum sour cream coffee cake

夏休みが入ったので、とても久しぶりのお教室でした。
9月のメニューはRum sour cream coffee cake ラム・サワークリーム・コーヒーケーキ
b0237753_23142377.jpg

お教室では13cmシフォン型を使いましたが、Bundt型でもいいそうです。
見本はこの2つの型で焼いたもの。
b0237753_23172970.jpg

ラムを使ったケーキですが、ラムレーズンではないせいか、あっさりしていて食べやすい気がします。
個人的にレーズンは嫌いではないのですが、ラムレーズンは実はあまり好きではなくて。

このケーキは、焼き上がりにかけるグレーズにラムを使うので、ケーキ本体は非常にシンプルな
サワークリームケーキと言った感じ。
b0237753_2318769.jpg

生地の上にパン粉を振り掛けるのですが、これがいい食感を生んでいます。
シンプルなラムグレーズ
b0237753_2318389.jpg

焼き上がりにかけます
b0237753_23185632.jpg

あっというまに食べきってしまいました。
b0237753_23204681.jpg


10月は平野先生のレッスン。
11月と12月は同じメニューとのことで、もう今年も終わってしまう~!となんだか焦り気味。
ディプロマの旅からも1年経つんだわ~と感慨深いものがあります。
[PR]
by angerika9 | 2016-09-29 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)

GIRARDELLI のチョコチップでRobert Redford Chocolate cake

シルバーウイークにケーキを焼きました。
久しぶりに松之助のディプロマメニューのひとつRobert Redford Chocolate cakeを。
b0237753_1934764.jpg


トッピングのチョコチップですが、アメリカで買ってきたGHIRARDELLI を使いました。
やっぱりこれがいいみたいです。
1センチくらいのサイズで、松之助の特レスでもこれを使いました。
b0237753_1937194.jpg

左は富澤で買ったカカオバリー。
左も店頭で小さいものを選んだのですが、こうして比べると5ミリくらい大きいかな。
b0237753_1936579.jpg

甘さ控えめのケーキに、ナッツとチョコレートのトッピングがとても美味しいケーキ。
製法が違うので、ブラウニーとはまた違う食感です。


平野先生と長年アシスタントをされてきた三並さんの共著レシピ本も発売になっています。
9月のレッスンに行ってきましたが、レシピ本に最終的に載らなかったレシピのケーキを
おやつにだしていただいて。
こちらの本のケーキも早く焼いてみたい。
[PR]
by angerika9 | 2016-09-26 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y.@代官山 7月のレッスン Cherry Pie チェリー・パイ

まさにアメリカ!という感じのメニューのひとつ、チェリーパイ。
b0237753_21361086.jpg


パイはアップルパイの他、いろいろと教えていただいていますし、
チェリーをつかったメニューもあったのですが、チェリーパイは初めて。
平野先生じきじきのレッスンですし、楽しみでした!

この時期ですから、パイ生地も暑さでだれてしまい、パイ皿にのせておいても
ふちがだら~んと落ちてきてしまって・・・・。
普段冷房を使わない我が家では、涼しくなってから復習します。

フチの処理は波ではなく、切り落としてフォークでシールドスルタイプ。
b0237753_21381131.jpg

b0237753_21382528.jpg

オーブンないの位置によって焦げることがあるのは仕方なし・・・。
本来は、フィリングに火を通す必要はないので、パイ生地が程よく焼けたら
早めにだしてもいいそうです。
b0237753_21393482.jpg

さっくりジューシーでおいしい。
b0237753_2140286.jpg

チェリーは水煮缶を使いましたが、酸味が合っておいしい。
まさにアメリカンなチェリーパイの味ですね。

N.Y.のチェルシーマーケットでおなじみの Fat Witch Bakery のブラウニー
魔女の絵柄でおなじみですね。
なんと松之助で取扱いを始めたのだそうです。 買いに行かなくっちゃ!
b0237753_21422812.jpg

b0237753_21424077.jpg

[PR]
by angerika9 | 2016-07-13 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(2)

松之助N.Y.@代官山 4月のお教室 Sour cream apple pie

3月のベイキングクラスに行って一週間。
4月のレッスンでした。 平野先生が帰国されてのベイキングクラス=9インチサイズのパイ。

紅玉を入手するのは難しい時期となりましたが、アップルパイです。
b0237753_2265321.jpg

松之助の店舗でも唯一の通年メニュー「Sour cream apple pie」
b0237753_224763.jpg

シングルクラストで、ストゥルーズルを使ったパイ。
サワークリームと卵でりんごをあえて、カスタードのような仕上がりに。
このパイはりんごを平らに置きます。 なので焼き上がりも平らに。
b0237753_2252250.jpg

パイ生地は冷蔵庫にいれると美味しさが落ちていくのですが、
このパイは冷やして食べる方がおいしいと・・・。
冷凍保存もできるので、温かい時期だとしゃりっとする程度に解凍したものもおいしかったり
するんですよね。
b0237753_2281385.jpg

この日のおやつはアップルラムレーズンケーキ
b0237753_22104918.jpg


次回の平野先生のレッスンはチェリーパイ。 
確かに過去にカスタードパイを習ったときにチェリーを入れたりしましたが、チェリーパイは初めて・・・。
楽しみっ!
[PR]
by angerika9 | 2016-04-06 12:00 | 松之助レッスン | Trackback | Comments(0)