カテゴリ:アメリカン・ベイキング( 27 )

GLOW 8月号 DEAN&DELUCA 保冷バッグ3点セット!

夏のセールが始まりました。
伊勢丹は今月中旬からですが、一足先に夏物の買い足しを。
とはいえ、今月中旬から秋物の立ち上がりもありますものね、セールで散財しすぎないよう
注意です(笑)

楽しみにしていた雑誌「GLOW」8月号の付録 DEAN&DELUCAの保冷バッグ3点セット!
b0237753_17574761.jpg
b0237753_17580367.jpg
3つになった分、それぞれの厚みは薄くなっているのですが、なんといってもサイズが普段使いにちょうどいい。

b0237753_17584239.jpg
この真ん中のタイプはお弁当を入れるのに重宝しそう。
一番小さいものは、ちょっとしたおやつをいれるのにいいですね。

DEAN&DELUCAは楽しい。
SOHO店に初めて行った時のドキドキ感はいまだに忘れられません。

こちらは以前にもご紹介した(はず)の森永のガレットのキャラメルバージョン。
以前はマリービスケットをガレットタイプにしたもの。

つくづく日本のお菓子ってグレードが高くておいしいな~と思います。
b0237753_18043960.jpg
地震が続いたり、今週は台風も来るようなので、皆様もお気をつけて。
私は数年前の台風で、結構頑強な傘がまるで「ぬ」の字のように折曲がり、
路地から飛んでくる植木鉢をよけながら家に着いたときには「なまはげ」のような姿になっていたという
経験ががあります・・・(涙) 



[PR]
by angerika9 | 2017-07-03 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

THE PIE HOLE@ルミチカ アップル・クランブル!

11/3に新宿ルミネにオープンしたロサンジェルスのパイショップ「THE PIE HOLE」

ちょうどルミネ1・B2の食品フロアの改装が終わり、グランドオープンを迎えた日。
京王プラザのセールの後にちらりとのぞいたときは、行列ができていたので
後日落ち着いた頃に覗きに行きました。

アメリカン・ファーマシーがあった場所ですね。
b0237753_22322362.jpg

試しに1つだけテイクアウトにしました。 イートインスペースも広いので時間があるときは
ゆっくりするのもいいかも?
BOXの感じはアメリカっぽい。
b0237753_22331952.jpg

b0237753_2234919.jpg

MOM'S APPLE CRUMBLE です。
b0237753_2235215.jpg


リンゴは煮ているかな。 
クランブルは塩味が強めで、リンゴの甘みがあるので、トータルバランスは取れています。
くどさがないので食べやすい。

ただ、松之助のアップルパイに慣れてしまっているので、
リンゴとクランブルの分量が物足りなく感じてしまったけれど、作り方も違うので、
これはこれだと思います。

少しずつ他のパイにも挑戦してみます。
[PR]
by angerika9 | 2016-11-11 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

GIRARDELLI のチョコチップでRobert Redford Chocolate cake

シルバーウイークにケーキを焼きました。
久しぶりに松之助のディプロマメニューのひとつRobert Redford Chocolate cakeを。
b0237753_1934764.jpg


トッピングのチョコチップですが、アメリカで買ってきたGHIRARDELLI を使いました。
やっぱりこれがいいみたいです。
1センチくらいのサイズで、松之助の特レスでもこれを使いました。
b0237753_1937194.jpg

左は富澤で買ったカカオバリー。
左も店頭で小さいものを選んだのですが、こうして比べると5ミリくらい大きいかな。
b0237753_1936579.jpg

甘さ控えめのケーキに、ナッツとチョコレートのトッピングがとても美味しいケーキ。
製法が違うので、ブラウニーとはまた違う食感です。


平野先生と長年アシスタントをされてきた三並さんの共著レシピ本も発売になっています。
9月のレッスンに行ってきましたが、レシピ本に最終的に載らなかったレシピのケーキを
おやつにだしていただいて。
こちらの本のケーキも早く焼いてみたい。
[PR]
by angerika9 | 2016-09-26 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

CHEDDAR CHEESE POPPY SEED BREAD チェダーチーズのポピーシードブレッド

平野顕子先生の新しいレシピ本「ニューヨークスタイルのお酒に合うスイーツ、セミスイーツ、セイボリー」
b0237753_21541473.jpg

どれもおいしそうなのですが、特に一度焼いてみたかったのが
この”チェダーチーズのポピーシードブレッド”
b0237753_21551417.jpg

レシピは2本分です。
b0237753_21553397.jpg

レモン汁をたっぷり使ったパウンド型で焼くタイプ。
さわやかな生地にポピーシードのぷちぷちと、チーズの塩味が加わって何とも言えません。
b0237753_21572256.jpg

b0237753_21573313.jpg

2本焼いて1本は知人に差し上げたのですが、珍しいレシピなので喜ばれますね。
手順も簡単なので、我が家の定番にしたいです。
[PR]
by angerika9 | 2015-10-01 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

Poppy seed cookies ポピーシードクッキー

連休中に先月の松之助のレッスンで習った ポピーシードクッキー を焼きました。
正直夏はオーブンの熱に耐えられず、なかなかスイーツを焼こうという気にならないところもあるのですが、
プチプチのポピーシードが食べたくて(笑)

ブルーポピーシードを使います。
b0237753_211811.jpg


バターを常温にするのですが、この時期はもうすぐに溶け溶けになってしまう。
パイ生地は無理ですね~。
お盆休みはチーズケーキかサマータルトを焼きたいな。
b0237753_2123359.jpg

[PR]
by angerika9 | 2015-07-29 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

THE CITY BAKERY シティ・ベーカリー@品川

週末は品川に行く用事があり、
ニューヨーカーから20年以上愛されているというN.Y.のベーカリー「シティ・ベーカリー」で
おやつを買って帰りました。
b0237753_21581250.jpg

品川のアトレといえば、やはりN.Y.からの人気ショップDEAN&DELUCAがありますね。

「シティ・ベーカリー」といえば、プレッツェルクロワッサンなのですが、どうにも気になって
チョコレートクロワッサンとココナッツクッキーを選びました。
b0237753_2201046.jpg

b0237753_2202675.jpg

チョコレートクロワッサンは、トングで持った途端「重い!」と驚いたほど。
b0237753_2205985.jpg

ものすごくずっしりしていて、チョコレートフィリングが・・・というよりも生地そのものですね。
クロッカンを食べた時の印象もそうなのですが、この重さがNYテイストの一つなのかな・・・。
個人的はフワッサクッのほうが好みかな・・・。 

クッキーは手のひらくらいのビッグサイズ。
ピーナツバター、オートミール&レーズンもありましたが、見るからにさっくりしていそうなこちらをチョイス。
b0237753_2232751.jpg


今日買った中では、クッキーが気に入りました。 他のお味も食べてみたいです。
ランチプレートなどもあるので、カフェ利用のほうが楽しいかもしれない・・・と後でちょっぴり後悔。

今のところ、私の中のクロワッサンNO.1は渋谷西武B1のパン・オ・トラディショナルのクロワッサン。
さっくりもちっと具合がもうたまりません!
[PR]
by angerika9 | 2015-05-25 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y. Surprised apple pie 再び

前回かなり焦がしてしまって、どうしましょうと思案していた「サプライズド・アップルパイ」。
平野先生から10℃下げて焼いてみたらというアドバイスをいただいて、リベンジです。
b0237753_16573620.jpg

一部やっぱり焦げたのですが、それでも前回よりは全体的には抑え目に。

なんとなく要領がつかめてきたかな? 我が家のオーブンの場合は
やはり途中でさらに10℃落とすとよさそうです。
パイと言いながら、クッキー生地なので、やはり調整が難しいですね。

今回はリンゴに余裕があったので、トッピングはバラ状においてみました。
b0237753_16593295.jpg


来月あたりから、ディプロマに向けたプログラムが始まるようなので
がんばらなくっちゃ~。
[PR]
by angerika9 | 2015-04-06 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

松之助N.Y. Fruity Biscuits フルーティ・ビスケット

週末にビスケットを焼きました。
以前松之助のお教室で習った Fruity Biscuits フルーティ・ビスケット。
お教室ではオレンジピールとアプリコットを使いましたが、
今回はうちにあるレーズンを使い切りたかったので、オールレーズン☆
b0237753_204106.jpg

ローストして砕いたウォルナッツも入っているので、香ばしい~。

こちらは先週焼いたバターミルク・ビスケット。
b0237753_20421785.jpg

日本ではバターミルクが手に入らないので、牛乳とヨーグルトを半量ずつ使いますね。

この写真だとわかりずらいのですが、バターミルクビスケットのほうは、焼き上げのときに
うっかりしていて、少し横に広がってしまいました。

平野先生から 「ビスケットは間を開けずにくっつけるように置くこと」といつも言われているのに
うっかりビスケットを天板に並べる際、間をあけて置いてしまいました。

レシピの説明の際ではなく、実際に作業をしている際に言われたコツだったので
作業中の言葉も聞き逃せない・・・。
緊張感をもってレッスンに臨まなければダメですね。

ここでもやっぱり「習うより慣れろ」。
しばらく自習が続きます~。
[PR]
by angerika9 | 2015-03-25 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

Cream Cheese Apple pie と カルビー ポテトチップス あじわいバター味

アップルパイの自主練を続けています。。。
今回はダブルクラスト。 2枚重ねるので厚みが出る分、フチの部分の波型も大き目になりがちなのですが
今回の出来は大きすぎでした。
b0237753_2101886.jpg

細かすぎても大きすぎても波の形がきれいに残らないので、ちょうどいい大きさの感じを
指が覚えてくれるまで、やるしかない・・・というところです。

先生も「習うより慣れろ ですよ」とよくおっしゃるのですが、確かにその通り。

先生の本の中でもこの波の成形は説明がされているのですが、
一番わかりやすくてきれいなのや、やっぱりこれかなと思います。
b0237753_2131815.jpg

2013年に発売になった、アップルパイ皿付きムック本「平野顕子のアメリカン・パイSPECIAL BOX」
b0237753_218597.jpg

本のサイズも大きい分、写真も大きくて見やすい。 波の形もダブルクラスト、シングルクラスト
それぞれのパターンが大き目にでていますし、生地を作っている途中の生地の状態も
わかりやすいです。

ネット販売のページでは、賛否両論のようなのですが、私はこのパイ皿は気に入っています。
b0237753_2195543.jpg

左側はお教室で買った9インチのパイ皿。 
製菓材料店でも23CM前後のパイ皿はあるのですが、だいたい浅いものが多いんですよね。

このムック本のパイ皿は、深めにできていますし、むしろ左のものより厚みもあるかもしれません。
ペコペコしたりせず、しっかりとした作りなので、長く使えるのでは?と。 
それになによりこの特製のロゴがね~。
もう少し上達してからおろそうと、楽しみにしています。

さて、韓国ではカルビーのポテトチップ「ハニーバター」が売れに売れて品薄というニュースを
テレビでみました。 入荷したそばから売れていく様子はびっくり。

日本でも12月になると、期間限定でバターとはちみつ味は売られていましたが・・・。
先日ひょっこり見つけました。
b0237753_21203546.jpg

厚切りのほうですね。 あじわいバター味。
製造が2月なので、韓国でのブームを受けて、日本でも急遽増産かな?
ついつい3つも買ってしまいました(笑) 確かにおいしいんですよね~。
[PR]
by angerika9 | 2015-03-06 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)

マグノリア・ベーカリー バレンタイン限定チョコレート ウーピークッキー

渋谷東急デパートの催事場にマグノリア ベーカリーが出店していたのですが、
バレンタイン限定でチョコレート ウーピー クッキーを販売するというので、買ってみました。
b0237753_21155467.jpg

ウーピークッキー自体は表参道のショップでも買えますが、チョコレートというところが限定なのかしら?

クリームの色はいくつかありましたが、こちらはペパーミント色。
b0237753_21175263.jpg


チョコレートウエハースクッキーにクリームを挟んだものということで、
ちょっと覚悟して一口かじってみました。
b0237753_21194089.jpg


カップケーキを食べた時も思ったのですが、なかなか賛否分かれる甘さですよね。
自分で作るとしたら、かなり躊躇する甘さではあります。

一度チーズケーキとレッドベルベットも挑戦してみたいとは思っているのですが、
「今日はいくらでも甘いものがいけるわ」というコンディションの日ではないと
なかなか難しいかなとなかなか手が出せずにいます(涙)

それから考えると、松之助のケーキのレシピの甘さは「甘い」と言われるレシピでも
許容範囲の甘さなんですよね。

味覚って難しい・・・と考えさせられました。
[PR]
by angerika9 | 2015-02-20 12:00 | アメリカン・ベイキング | Trackback | Comments(0)