カテゴリ:韓国 音楽( 7 )

TONY MOLY TIMELESS EGF SECOND SKIN MASK SHEET

そういえばソウルで買ってきたこちらのTONY MOLYのマスクシート
TIMELESS EGF SECOND SKIN MASK SHEET
b0237753_22161112.jpg

TONY MOLYのマスクシートですと、かたつむりエキスのものや毒蛇エキスのもののほうが
知名度が高いでしょうか?

このシリーズ、買い込みすぎるとスーツケースが重いです(笑)
例えばこちらのシートマスク。こちらも私のお気に入りのものですが
b0237753_22175637.jpg

これが1枚約30gなのに対し、TONY MOLYのこのシリーズは60gと約2倍です。

それだけさらに上の効果を期待して買ってみたのですが・・・。
中を開けると
b0237753_2219567.jpg

こんな感じのマスクシートですが・・・。3重構造になっています。
b0237753_22201833.jpg

天然バイオセルロースシートに皮膚上皮細胞成長因子EGFが肌のパワーと活力を
補ってくれるというもの。衰えた肌を集中的にケアしてくれるそうです。

固めのシートを外して顔に乗せて・・・
b0237753_222405.jpg

最後に薄いシートをはがします。
b0237753_22254586.jpg

しっかりとシートを顔に密着させて、そのまま20~30分置きます。

シートはこんな感じのゲルのようなもの
b0237753_22264032.jpg


確かに翌日ハリの出る感じを実感。
Anti-Wrinkle&Whitening Skin Power とあるのですが、ホワイトニングの効果は
まだよくわからないです。

毒蛇やカタツムリのシートは、成分がお肌に合うか不安だったこともあって
今回は見送ったのですが、サンプルでいただいた毒蛇のローション&ミルクで
問題なければ次回はマスシートに挑戦してみたいです!
[PR]
by angerika9 | 2012-07-31 12:00 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(0)

イ・スンギ Japan First Live "希望"

ソウル一人旅のレポ中ですが、再び脱線しまして
昨日行ってきましたイ・スンギの武道館コンサートのお話を。

b0237753_9482469.jpg


Japan First Live "希望" というタイトルがついています。
大変な賑わいで、2F席までび~っしりとお客さんが入っていました。

入場時にいただけるオリジナルグッズ。
コンサート開催日6月1日の日付入りのタグとイ・スンギのネーム入りサイリウムライト。
b0237753_9493447.jpg


こちらのライトは固いプラスティックのケースに入っているのですが、
力を込めて折ると(けっこうはじめは勇気がいりますね~)・・・
光る!!
b0237753_9514345.jpg


会場はこの蛍光グリーンが一面にひろがって本当にきれいでした。

バンドをバックに日本語の曲、韓国語の曲、ビートの利いた曲、バラード とバラエティにとんだ編成で
特にピアノのみ、ギターのみにスンギ君の歌 というコーナーがありましたが
歌の実力が特に試されますね~。
かわいい振付も披露していました。
出演したドラマのOSTからの曲の際にはドラマのシーンも映し出され
さらに盛り上がっていました~。

アンコール最後はデビューアルバムからの曲「내 여자라니까 (俺の女だから)」で
締めくくった日本ファーストライブ。
思いがけず楽しい時間をいただけて幸せでした。
[PR]
by angerika9 | 2012-06-02 09:57 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(0)

次世代スーパー・アジアンユニットAZIATIX(アジアティクス)

土曜日は、あのJYJのジェジュンもお気に入りというAZIATIX(アジアティクス)のインストアライブに
行って来ました。 ↓プロフィールはこちらから。
AZIATIX

Mnet主催の<Mnet Asian Music Awards 2011>で、「Best New Asian Group」を受賞。
アメリカに拠点を置く実力派シンガーソングライターのEDDIE SHIN、ラッパー・FLOWSIKと
台湾で大人気のヴォーカリスト・NICKY LEEからなるスーパー・ユニット。
なんでも、彼らの雑誌の撮影の現場にジェジュンが陣中見舞いで足を運んだという記事もありました。
自身のブログでも彼らを紹介しているようなので、ホントにお気に入りなんですね。

新宿タワーレコード7Fのイベントスペース。 皆さん彼らの登場を今か今かと待っています。
台湾や北海道からいらしたという熱心な方もいらっしゃいました。
たまたまお買いものにいらした方も、数多く足を止めていらっしゃいましたよ。
b0237753_18124855.jpg


そして彼らが登場。皆さんデジカメや携帯を取り出していますね。貴重な機会なので、しっかり撮影~。
b0237753_18183411.jpg


いざライブが始まると、すごい熱気!! 4曲披露してくれたのですが、床も揺れていました~。
b0237753_18162677.jpg


この盛り上がり200%な感じがうまくお伝えできないのが残念です。。。
b0237753_18201165.jpg


ライブの後は、サイン&握手会。皆さんワクワクされている感じでした~。

日本ではインディーズレーベルからのリリースですが、所属事務所がBEASTや4MINUTEらと同じ
MUSIC CUBE。 実力は確かですね。
K-POPアイドルとはまた違うフィールドのすごい人たちをデビューさせてきましたね。

失礼ながら、私は当日まで彼らのことを知らなかったんです・・・。
彼らにとっては、日本のオンマのような方が、ぜひ一緒に行きましょう!と誘ってくださり、
足を運んだのですが、インストアライブの前に、少しだけ楽屋にご挨拶に伺いました。

ほんの数分しかお話しませんでしたが、三人ともとてもフレンドリーで温かい人柄がすぐわかりました!
そういう”気”というのかしら、伝わりますよね。
気さくに自己紹介と握手もしてくださって、そしてライブでの彼らのパフォーマンスと曲を体験したら
すっかりファンになってしまった!!

これからの活躍がすごく楽しみです!
ぜひ、彼らに注目してみてください~。

↓こちらの記事で、彼らのことや音と映像が見られます。 キャッチーでメロディアスな曲とラップ。
すごくいいです!

記事
[PR]
by angerika9 | 2012-01-23 12:00 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(0)

韓国映画 『アジョシ』 ウォンビン

お正月は皆さんどのようにお過ごしだったのでしょう。 訪韓された方もいらっしゃるようですね。
今年もよろしくお願いします。

さて、今年最初の記事に選んだのはウォンビン!
とうとう出ます!DVD☆



ウォンビンといえば、ソン・スンホン、ソン・ヘギョとの共演作『秋の童話』や日韓合作ドラマ『フレンズ』。
映画『ブラザーフッド』での、チャン・ドンゴンとの兄弟役も素敵でした。
弟キャラと呼ばれたのはそのせいでしょうか? 
私の中では、たくましさというよりは、繊細で危なげな感じの美しい青年というイメージでした。
兵役後は活躍の場は映画、それもわりとクセのある役というか(笑)
ウォンビンの代表作というと、先にあげたドラマが真っ先に浮かんでいたのですが、
それはもう覆されました!!

『アジョシ』 これは間違いなく彼の代表作ですよね。
ウォンビンが”アジョシ(おじさん)”ですよ! 韓国でも”アジョシ”という言葉の持つイメージを一新したという映画。

なんでも、デートで行ってはいけない映画と言われていたとか。 それを裏付けるような面白エピソードが
ネットに出ていましたが・・・。彼とこの映画を見ていた女子が、ツイートしたセリフ。
隣に座る彼氏と比べてしまったそうです。「同じ生き物とは思えない・・・」

ウォンビン、すっかりたくましく深みのある男性になっていました。 
話にきくところ、兵役が人生にとてもよい影響を与えたようですね。それが演技にも出ているのかな。

元特殊工作員という役柄ですから、アクションもバリバリです。
でも、ハードな映画のテーマ曲にこういう曲調を持ってきたところが粋ですね。

PVを観て、すごく気に入りました。 映画『My Blueberry nignts』のテーマ曲
Cat Powerの歌う「The Greatest」を思い出しました。
優しくも力強さを感じる歌声。

女性ヴォーカル+男性2人のインディーズ・バンド Mad Soul Child(マッド・ソウル・チャイルド)
による「Dear」
『冬の小鳥』でも存在感を発揮していた天才子役キム・セロンちゃんとのシーンが涙モノのPVです。

「Dear/Mad Soul Child」


 
[PR]
by angerika9 | 2012-01-04 00:10 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(0)

パク・ヒョシン 「雪の華」「花信」

先日新大久保界隈を歩いていて、入ったお店でかかっていたパク・ヒョシンの「雪の華」
みなさんもご存じのドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌ですね~。



『バリでの出来事』『おいしいプロポーズ』『ガラスの靴』などソ・ジソブの出演作はいくつか観ていましたが、
彼が本当にすばらしい役者さんだと意識させられたドラマはやっぱりこれだったと思います。
ドラマは中盤あたりから、毎回ティッシュを片手に観ていました~。 ウルウル・・・。
ドラマの詳しいご紹介はまたにするとして、OSTのお話を。

パク・ヒョシンという人、そして彼の歌声を知ったのもこの曲でした。一度聴いたら忘れられない
個性のある声ですよね。 温かみのある優しい声質という感じでしょうか。
中島美嘉ちゃんが歌っていただけに、男声ヴァージョンはすごく新鮮でした。
PVもカッコよかったし、ドラマの雰囲気にもぴったりの曲だなぁと思います。

K-POPの歌手の間でも、「雪の華」は人気ですね。
以前4minuteの日本ファースト・ライブに行った際、メンバーのソロコーナーでも歌われていました。

そしてもう一曲。

イ・ジュンギ主演『一枝梅』の「花信-kashin-」



このドラマの音楽を手掛けているのは、日本人作曲家吉俣良さん。
NHKの大河ドラマなどでもおなじみですね。
インストのオープニング曲の壮大で力強い感じとはまた違って、一枝梅ことギョムの
寂しさとか心のうちが表現されているような優しい曲で、パク・ヒョシンの歌声が
じんわりと涙を誘う名曲だなぁと思います。
時々聴いては『一枝梅』ワールドに浸っています(笑)

いつだったかMnetを観ていて、ヒョンビンとイム・スジョンの映画『愛してる 愛してない』のPVが
かかりましたが、声を聴いてすぐに「あ!」とわかりました。
”涙があふれそう”とか訳すのかな、テーマ曲「눈물 날려 그래 」という曲。
これもいい曲でした。 メロディーラインがおしゃれな感じですかね。。。

簡単に調べてみましたが、まだまだたくさんのOSTにも参加されているようですし
オリジナル・アルバムも6集くらいまでだされているよう。 もっと聴いてみたいな・・・・。

声って、本当に神様からの授かりもの、天声のものですよね。
声に表情のある人って、すごくうらやましく思います。
歌うべくして歌っている人、といえますね。
[PR]
by angerika9 | 2011-12-07 12:00 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(2)

韓国ドラマOST

私のコレクションの一部・・・。
b0237753_15111914.jpg


先日もコメントで「私もOST買いましたよ~」と書き込んでくださったブロガーさんもいらっしゃいました。
ドラマの出演者やストーリーもさることながら、韓国ドラマは音楽(OST)も楽しみなんですよね~。

韓流ドラマブームが日本だけではなく、アジアで巻き起こった初期の頃に比べて、
OSTのレベルはホントにグ~んと上がりましたよね。

ドラマのシーンを思い浮かべながらもよし、お気に入りの役に感情移入しながら
聴くのもよし、劇中ではさほど流れていない曲でも、素敵な曲が多いのですんなり聴けますよね。
時々出演俳優さんも歌ってくれて、それもいい感じだし、
M-NETなどで観るOST PV特集もドラマダイジェストのようで楽しいし。

他にもそういう方がいらっしゃると思いますが、私はipodに入れて、ちょっと泣いてみたいときは
悲恋ドラマの曲とか、元気が欲しいときには軽快な曲を聴くという楽しみ方もしています☆

「SUPER STAR K」などを観ていてもそうですが、やはり実力主義の韓国芸能界。
歌の上手さ、表現力は聴いていて胸にグッとくるものがありますね。

知人の奥様や、友人のお母様は台所仕事をしながらOSTを流すのが好きなんですって。
気持ちわかる~。

それに、K-Pop界のビッグネーム・アーティストがOSTに参加することも多いですよね。

『H.I.T』ではSUPER JUNIOR,GUMMY...
『インスンはきれいだ』 FTISLAND、sg WANNABE
『私の名前はキム・サムスン』 CLLAZIQUAL PROJECTのボーカル組(アレックスとホラン)
『快刀ホンギルドン』『ベートーベン・ウィルス』では少女時代のテヨンちゃんソロ!
などなど・・・

自分たちのオリジナル・アルバムには収録されない曲、OSTでしか楽しめない曲が
たくさんあるので、や~っぱり買っちゃいます!

他の方は、韓国盤、日本盤とどちらを買われる機会が多いのかな。
私はそれぞれに良さがあるのでどちらも好きです。

韓国盤はとにかくリーズナブル!そこが魅力的だし、
歌詞の意味を知りたいときには日本盤は助かるし・・・
日本盤の特典DVDなんかも嬉しい。

ただ、韓国盤って廃盤が早すぎるっ!!
日本でドラマの放送が始まって、最終回ごろに「買おうかな」と思ったら
廃盤になっていた・・・。
買い逃したことが度々あるんです。 どうしても欲しくてネット・オークションで落としたことも。

韓国でもCDショップがぐんと減ってしまっていますが、
明洞や鍾路にしっかりとショップが残ってくれているので嬉しいですね。

まだまだコレクションは増えそうです。
[PR]
by angerika9 | 2011-11-19 15:45 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(4)

SUPER JUNIOR 『MR.SIMPLE』

b0237753_10495716.jpg


SUPER JUNIORのニューアルバム『 MR.SIMPLE』 
ワイルド路線のジャケットですよね。
バックではヒチョルくんがセンターです。

私は音楽に関わる仕事に携わっていて、今回の出張ではソウルにある
うちの会社のグループ会社を訪ねたのですが、
そこで知り合いからお土産にといただいたのがこのCD。
ドラマのOSTはいくつか持っているのですが、K-POPのCDはあまり持っていなくて
帰国してからさっそく聴いてみました。

1曲目からすっごくカッコよくて、すでにお気に入りの一枚に。
メンバーそれぞれ役者やバラエティで活躍する姿もよくテレビで見ていましたし、
歌ももちろん聴いていたのですが、アルバムを聴くのは初めて。

1曲目「SUPERMAN」のテイストが東方神起の「WHY」と似ている気がしたので
”ひょっとしたら?”と見てみたところ、同じ作家さんですね。

機会があれば、コンサートにも行ってみたいな☆

おすすめの一枚です。
[PR]
by angerika9 | 2011-11-13 11:05 | 韓国 音楽 | Trackback | Comments(2)