<< 韓国ドラマ『最高の愛~恋はドゥ... ピーカンパイ 松之助N.Y.お教室 >>

Spuma di Sciampagna スプーマ・ディ・シャンパーニャ

おしゃれ着のお洗濯って、どうされていますか? 
早い話クリーニングに出せば安心ではあるのですが、よく着るものだったり、
カットソーだと「そこまでは・・・」という感じもしますし。。。

クリーニング屋さんもたくさんあって、実際失敗した経験もたくさんあります。
お店選びも重要ですね。
幸運なことに、比較的近くにいいお店を見つけたので、今は電車で3駅の
そのお店に持っていきます。

以前は移転前のうちの会社の近所だったんですよね~。
仕上がりが違う・シミ抜きの腕前がすごい・お値段も良心的 と三拍子そろっているので
途中下車しても、やっぱりそこに行ってしまいます。

この洗剤ご存じですか?
b0237753_10532082.jpg


イタリアの洗剤メーカーItalsilva社のSpuma di Sciampagna(スプーマ・ディ・シャパーニャ)。
”シャンパンの泡”という意味だそうです。
きめ細やかな泡立ちからきているそう。刺激も少なく、生分解性90%以上と人体にも環境にもやさしい。

アンの服を自宅で洗うことが多いのですが、この洗剤は欠かせません。
いろいろホームクリーニング系洗剤はありますが、
”ウールマークも洗える” と ”ウールマーク社認定” ってすごく意味が変わりますよね。

ちょうど写真の左右の2点はウールマーク社認定なんですよ~。

初めて出会ったのは、スタイリストのソニア・パークさんの青山のお店。 
私がよく通っていたシーズンに、自宅で洗えるウールのコートなどが出ていたんですね。
その時勧められた(実際お店にもあった)のが、この洗剤。

bucato laundry liquid ブカート・ランドリー・リキッド
b0237753_10594136.jpg

使いかけですみません。
これが一番ベーシック。シルクやウールも安心。香りはシトロネラで、天然の虫除け効果があるそう。
ウールマーク社認定。

nero puro ネロプーロ
b0237753_1114185.jpg

こちらは濃色衣料専用洗剤。
木綿や麻などの植物性の素材は繊維の中心まで染まっていないため、このような褪色しやすい
衣類にはこちらがオススメだそうです。 
色移りもしないので、コントラストの強い2色使いのものでも大丈夫だそう。
(白×赤 とか 白×黒 とかですかね~)
動物性の繊維(シルク、ウールは色あせの心配がないので、こちらを使わなくていいということで、
ウールマーク社認定ではありません。

bianco puro ビアンコプーロ(酸素系漂白剤)
b0237753_1162999.jpg
 
ビアンコプーロとは「純白」という意味のイタリア語。
オキシフルと同じ原料で、殺菌力にも優れているそう。 
食品などにも使われる酸素系なので安心な素材だそうです。
こちらもウールマーク社認定。 色柄ものにも使用できます。

ammorbidente ソフナー(柔軟仕上げ剤)
b0237753_11152865.jpg

こちらも使いかけですみません。
正直私はあまり使いません。下着やパジャマなど、柔らかく仕上げたいものや静電気が気になる衣類の
仕上げ用。 上の洗剤だけでも結構大丈夫なんですよね。 

個人的には、香りのキツイ柔軟剤が苦手で、ダウニーの普及以降、かなり香りのキツイものが多く
本当に困っているのですが、こちらの香りは少な目ですがやや独特かも?


アンの服にはレーヨンが多く、薄めの生地から厚めの生地までいろいろありますよね。

お店の方が、自宅で国産のホームクリーニング系洗剤を使ってあらったけれど
1/3くらいに縮んでしまったので気を付けてというお話があって・・・。

で、その縮んでしまったものとまったく同じ生地の服を私も持っていて、このネロプーロで
洗っていたのですが、縮んでいなかったんです。
さっそくお店の方にも勧めたりしたのですが、この洗剤の威力を見た感じ。

と、言ってもレーヨン洗いを推奨されているものではなく、やはりこれで洗うかどうかは
個人の責任の範疇ですけれどね。
お洋服のタグにもクリーニング表示がありますし。

ホームクリーニングはやはり手洗いですね。
今の洗濯機はいろいろ高性能なので、ボタンひとつで加減が選べますが
やはり洗濯機でガンガンは、生地へのダメージは多少なりとも否めないかと。
私は基本手洗いで、10秒程度脱水をかけます。 個人的な見解ですけれどね。

いつもネットで買っていたのですが、急にどこも売り切れで
「まさか取扱い中止か?」と焦って問い合わせたところ、最近男性雑誌で
”自宅で洗濯をしよう”というような特集があり、この洗剤が載ったので
急に殺到したとのこと。
私も慌てて実店舗に出向いて購入しました。

夏場は汗をかく=洗濯の回数が増える なので、家でのケアが重要ですね。
[PR]
by angerika9 | 2012-02-18 12:00 | ファッション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://angerika.exblog.jp/tb/17823855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 韓国ドラマ『最高の愛~恋はドゥ... ピーカンパイ 松之助N.Y.お教室 >>